Movie

作品情報「ワンネス」~運命引き寄せの黄金律~

映画「スープ」の原作でベストセラーになった「生まれ変わりの村」(河出書房新社刊)を始め、「時空」と「私」の謎を解くため、数々の不思議現象を探求し、世界中を取材した多くの著書を送り出している作家 森田健がその鋭い探究心で15年におよぶ調査結果から生み出した仮説小説「神のなせる技なり」(幻冬舎刊)を自らがメガホンをとり初監督したのが、本作「ワンネス」~運命引き寄せの黄金律~。

理科系出身でもある森田健監督の視点で描かれた科学的な視点が随所に描かれており、
また、森田監督の映像へのこだわりから、従来の映画の撮影手法を覆す斬新な映像
もみのがせない。


物語は高校生の西崎智也と城山容子を主軸に展開していく。
実は2人は前世記憶者で、時代は遡って江戸時代、
新撰組の剣士 森田一雄、容子は近藤勇を狙う刺客 杉本洋子だった。
しかし、容子は近藤勇と間違えて、森田を刺してしまい、
容子も新撰組の剣士、西野治に斬られてしまうが、森田一雄と杉本洋子は
智也と容子として現代に生まれ変った。
ムービー1

ムービー2
その智也と容子のまわりには様々な事件が巻き起こる。

それは智也と容子の時空、次元を超えた想像を超えた冒険の旅のきっかけであり、始まりだった。次元の反転からコンピュータの中へ、四次元、ゼロ次元、この世からあの世と場面は転換する。


そこに現れる、智也の無意識の中の女性性が生んだアニマの登場や、翼竜、ツチブタ、宇宙人グレイ、ドール等様々な出会い、事象、現象が巻き起こり、物語は展開していく。主人公の智也と容子を演じたのは、期待の新人、中村裕一郎と梅村結衣。


また、先進技術研究室教授、水島にはTV、映画、ドラマで多く活躍の城咲仁。助手の中田にはスポーツ系俳優、森渉。また、智也の前世、新撰組の剣士、森田一雄には、元ジャニーズ「男闘呼組」の前田耕陽。同じく新撰組の剣士 西野治には、TV、ドラマ、バラエテイで人気のIZAM 等、個性派の役者陣が脇を固めている。また、この映画には“外応”という単語が登場する。外からの良い情報を感じて、良い方向に変わる。運命引き寄せのメッセージ「宇宙は全面的にあなたの味方」を、この作品を見てぜひ体感していただきたい。